Delphi入門教室について


※これは、Delphiの入門用テキストです。――Delphiは、御存じボーランドがリリースするWindows用開発環境です。Object Pascalという言語を採用し、豊富なコンポーネントをマウスで組み合わせていくことで高度なアプリケーションが非常に簡単に作成できます。この Delphiは、ver. 6より「Personal版」というものが用意され、これはタダで配付されているの です!
 VBとはまた違った意味で「もっともビギナーに適した言語」であるDelphiを自分でも使ってみたい!という人のために、簡単な入門教室を用意しまし た。一応、Delphi 6 Personalをベースにしてありますが、他のエディションでもほぼ問題なく読めると思います。「きちんとプログラミングを勉強したいけどお金がない」 という人。「VBで中途半端に勉強しても役に立たないのでは?」と不安な人。早く無償配付版のDelphiを手に入れて挑戦しましょう!


目次
Delphiの基本的な使い方について。プロジェクトを作り、各ツールを使ってデザ インし、コードを入 力して実行するまで一連の手順を覚える。
Delphiのソースコードの基本形を理解する。またコンポーネントのプロパティの 利用、更に変数と主 な値のタイプなどについて説明する。
条件分岐や繰り返しといった基本構文について説明する。またそれらを使いこなすため に、条件式や begin〜endの書き方なども覚える。
コンポーネントの主なプロパティとして、位置や大きさ、色、フォントといったものの 利用方法を覚える。
グラフィック利用のImageコンポーネントを使い、図形描画メソッドやグラフィッ クのプロパティ操 作、更にイメージの描画などを覚える。
グラフィックファイルとテキストファイルの読み書きについて。また、そのために必要 となるファイルダイ アログの利用法について説明する。
コンポーネントの主なイベントを使ってみる。マウス関係のもの、フォームの作成や再 描画といったイベン トの例を上げながら説明する。
Windowsのプログラムで多用されるGUI関係コンポーネントの基本的なプロパティやイベントの使い方につい てまとめる。

GO HOME